38847

PORTS OF CALL 掲示板


[PORTS OF CALL] [投稿方法] [ALBUM] [BBS内検索] [過去ログ] [admin]
NAME
タイトル
コメント
URL
画像ファイル等
編集用キー (英数字で8文字以内)
投稿認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
お久しぶりです。 投稿者:ゼークランク 投稿日:2018/12/11(Tue) 21:23 コメントNo.258

コンニチは!2018年世界一周クルーズの時にご一緒させてもらったウィーン在住の者です。お久しぶりです。ところでハンディバルクさんの南極クルーズもモーレアを出航されたようですね。楽しんで見ています。これから私のまだ行っていない憧れでもあり大変興味深い場所を回られる様子を心待ちにしています。南アメリカ・南極クルーズは是非行ってみたいと思っています。出来れば飛鳥でと思っていますが、今の状態では待っていたら健康寿命を超えてしまいそうですね。仕方ないからドイツの客船をいろいろ探しているんですがハッパーグロイド社のMSオイローパが時々そちら方面に行っているようですが向こう3年間そちら方面は満席状態。このMSオイローパは全客室スイートで快適ですが、日本食はありません。一日辺りの料金は飛鳥のDキャビンとMSオイローパのバルコニー付きスイートの最安キャビン(飛鳥のCスイートと同等)と同じくらいです。それからカジュアル船のアイーダも行っているんですが、う〜んこの船で2週間以上の乗船は無理。お風呂なし問題、日本食無し問題、サービスは無いも同然でちゃんと自由に放っておいてくれます。この船の取り柄は安い、安い、清潔、ドイツ的確実さです。そんなこんなで実現するのは厳しそうです。当分はハンディバルクさんの乗船記で楽しませて貰います。どうか飛鳥を南極に向けて前進させて下さい。

Re: お久しぶりです。 - ハンディバルク 2018/12/12(Wed) 12:04 No.259
こんにちは!
早いもので下船してから5ヶ月以上が過ぎてしまいました。

南極南米のクルーズはロケーションが大雑把過ぎて移動が大変な果ての地まで、部屋ごと気軽に行けるところが凄く良かったです。住んでいたブラジルに寄ったこともあり、3回行ったワールドの中でも思い出深いものとなりました。

長期クルーズではやはり日本食がネックになりますよね。飛鳥IIはしばらくやらないでしょうし、ぱしふぃっくびいなすも2015年1月にやったばかり、にっぽん丸は通常の世界一周クルーズも2011年以来やっていないので望み薄、となると厳しいですね。和食レストランに定評のあるクリスタルクルーズが時々行っていると思ったのですが、しばらく予定はなさそうです。

アイーダは長崎ですったもんだで建造されたあと、処女航海で横浜からハンブルクまでのクルーズをやるとわかったので、問い合わせたら「残念ながら日本向けには売ってません。サービス言語はドイツ語だけですし」と言われてしまいました。安くて清潔で確実なら一度は乗ってみたいと思うので、日本に来てくれたらなぁと思います。

えー…、ということで私の方は乗船記を頑張るしかありませんね。今は完全にプータローなので以前よりは時間が取れる筈なのにこの体たらく。知り合いからも「早くイースター島に着かないかなぁ〜」と言われています。でも12月は色々と…(汗)。気長にお付き合い下さい。

追伸:この間のクルーズはあまり揺れなかったですが、それでもやはりキツかったですか??

Re: お久しぶりです。 - ゼークランク 2018/12/14(Fri) 00:10 No.260

この間の飛鳥クルーズでは最後の最後、横浜から神戸間で起き上がるのも大変な程のゼークランクになりました。3回目の飛鳥クルーズでしたが今までの中であの日の揺れが一番酷かったです。
ドイツのクルーズ船アイーダは現在14隻あるようですが、どれも船内で使われている言語はドイツ語だけです。なので当然船客はドイツ人、オーストリア人とドイツ語圏のスイス人に限られてしまいます。夏休みは別にして普段は格安料金で乗客集めをしているようです。我々もそんな格安料金で来月ドバイ、マスカット、バーレーン、アブダビを回る一週間のクルーズに行く予定です。船はAIDAPrima、 三菱造船に多大な損失を与えた問題の船です。12万トン、乗客定員3300人。飛鳥iiのDキャビン1日分の料金で一週間乗船できます。学校などのお休み期間ではないので船内はガラガラだと予想しています。
話は変わりますが、アイーダは船が増える度にクルーの質も落ちてきてサービスが悪くなってきています。20年前のアイーダ1号 Aidacaraの時代はほとんどの乗客はリピーターで家庭的な雰囲気もありよき時代でした。クルーもほとんどが愛想の良いフィリピン人で中には飛鳥で働いていたとかいうクルーにもよく会いました。
現在のアイーダのクルーは事務的なことはドイツ人ですが掃除、レストランなどではあまり教育が行き届いていない中国人が多くなりました。彼らは外国人労働者として扱われてドイツ人達とは差別されているという印象です。飛鳥iiの和気藹々とした雰囲気はありません。飛鳥iiの宝はあのフィリピン人スタッフ達だとつくづく感じます。

- 投稿者:かた。 投稿日:2018/12/09(Sun) 23:35 コメントNo.256

ハンディバルクさん、こんばんは。
本日より、飛鳥はクリスマスクルーズのようですが、乗船予定はありますでしょうか?
「10年先送り報道」から、ぱったりと音沙汰が無くなってしまいましたが、このままでは時間ばかりが過ぎ去ってしまう気がして、飛鳥ファンとしては気が気ではないのです。
日本船社は、コンテナ事業を統合して新会社を設立しましたが、客船事業も統合することは可能だと思われますか?

Re: - - ハンディバルク 2018/12/11(Tue) 20:44 No.257
こんばんは。

ワンナイトは17時乗船で9時下船と忙し過ぎるので二の足を踏んでいます。

飛鳥IIは船齢の割には状態が良いし、あと10年ぐらいなら固定ファンも付いているので、造る気がないのであればこのままではいいような気もしますが…。

客船事業は船舶管理のことを考えるとぱしびとの統合はあり得ると思いますが、にっぽん丸とは難しいと思っています。本当は3船が統合してそれぞれのブランドでやれば良いのにと思っています。どんどん外国船が日本発着をやっているし、長距離フェリーも最近は新造船が続々と投入されているので、日本の客船にも頑張って欲しいです。

- 投稿者:かたさん。 投稿日:2018/11/30(Fri) 17:02 コメントNo.254

ハンディバルクさん、こんにちは。
現在は、飛鳥後継船についての検討は止まっている様子ですが、もし建造することが決定した場合、海外建造の可能性はあると思われますでしょうか?

Re: - - ハンディバルク 2018/12/03(Mon) 18:59 No.255
こんばんは。

海外建造はコスト的にどうなんでしょうか。
飛鳥オリジナルの仕様で1ハイだけ作るとなるとかなり厳しいと思いつつも、例えば8万から9万トンクラスのにするのであれば、シリーズ船(カーニバル系のビスタクラス等)に日本カスタマイズを加えることは出来るかもしれません。

ただカーニバルが使わせてくれるかわからないし、日本のフネは乗船客が沢山水を使うので、シャワー前提の外国船だとやっぱり厳しいかもしれないですよね。

そもそも客船を造る造船所は数年先まで一杯ですけどね。

- 投稿者:かたさん。 投稿日:2018/11/26(Mon) 00:31 コメントNo.251

こんばんは。
このまま掲示板を辞めてしまうのかと心配しておりました。
今年は、飛鳥後継船の最大10年先送りという報道もありましたが、その後の経緯はご存知でしょうか?
様々な情報があり、最終設計までは終了し、あとは発注するだけ、という話もありました。
また、ハンディバルクさん個人のご意見で構わないのですが、飛鳥の便宜置籍船化は可能だと思われますか?

Re: - - ハンディバルク 2018/11/27(Tue) 21:08 No.253
かたさん

ご心配をおかけしてすみません。

> 最終設計までは終了し、あとは発注するだけ、という話もありました。

これは聞いたことあります。親玉がうんと言わなかったのでダメだったと。その後についてはわかりませんが、今のところ全く話がないようですよね。

便宜船籍化は無理だと思っています。外国籍にしてしまうとカボタージュの問題があって、ワンナイトはおろか、横浜からだと3泊4日も出来なくなってしまいます。

外国籍で飛鳥クルーズをやるのなら、コスタのように日本海のどこかをベースに定点クルーズをするしかないのではないでしょうか。その点でいうとコスタの目の付け所はナイスでした。

掲示板復活ありがとうございます。 投稿者:いりえ 投稿日:2018/11/24(Sat) 10:39 コメントNo.250

ハンディパルグさん

掲示板復活ありがとうございます。
ところで、今月11日に飛鳥II神戸ワンナイトクルーズに行ってきました。わずか,19時間の飛鳥滞在でしたがやっぱり飛鳥は良いなぁと、まじまじと感じました。今回は、ワンナイトという事で奮発してCスートに泊まりましたが、部屋は広いし単独でシャワー室はあるし、バスタブはジャグジーついてるしやっぱり豪華だなぁと思いました。Cスートでで、グアムサイパンクルーズや世界1周したら最高でしょうね。
同級生のチェイーサーと、1時間ですがお酒もも飲めました。
ワンナイトクルーズのお客さんて、1番しか遊べないので目一杯飛鳥で楽しむぞーという感じの方が多く、カジノもクラブ2100もかなりお客さんの熱気を感じました。

ところで、ハンディパルクさんに質問したいことがあります。
ハンデパルクさんは、いろんなクルーズ船に乗ってらっしゃいますが、飛鳥IIにはあって他のクルーズ船には無い魅力ってなんでしょうか?飛鳥も船ができて30年。船の老朽化は隠せませんが、今かなり飛鳥の乗船率は高いと聞きます。私は、飛鳥以外の船には乗った事がありません。あらためて、飛鳥にはあって他のクルーズ船には無い魅力ってなんだろうと思います。

今飛鳥が人気なのは、チェイサーがイケメンで人気があるからという事はないでしょうね(笑)

Re: 掲示板復活ありがとうございます。 - ハンディバルク 2018/11/27(Tue) 21:00 No.252
いりえ様

いいですねー、Cスイート。ロングクルーズで乗ってみたいですが、昨年のアスカクラブクルーズNEXT(2泊3日)が精一杯でした。広いし、アメニティはロクシタンですし、冷蔵庫にはビールが入っているしで夢のようですが、やはり先立つものが…。

飛鳥IIにはあって他のクルーズ船にはない魅力ですか。

まず、外国船と比べると大浴場と和食です。和食はプリンセスでもそこそこ出すようですが、やはり器(和食器)で出されないのは興ざめだと思います。1〜2週間のクルーズなら我慢できますが、3ヶ月以上となるとやはり。大浴場は言わずもがな、毎日有料でお風呂というのもどうかと。

他2隻の日本船と比べると、もとが世界基準のラグジュアリー外国船だっただけあって、造りが豪華だと思います。アスカプラザは息をのみます(初乗船だと)し、7Fデッキの総チーク張りは絶滅危惧の設備です。マリナーズクラブもいい雰囲気ではないでしょうか。

掲示板復活 投稿者:ハンディバルク 投稿日:2018/11/23(Fri) 16:34 コメントNo.249

海外からイタズラで多数の書き込みがあったため、それらを一旦クリアして再構築しました。
ハッキングされたのかと焦りましたが、そうではなかったみたいです。
投稿認証を採用していますが、機械的にやられると機能しないも同然のようで。
こんな過疎掲示板をターゲットにしないで欲しい。

- 投稿者:かた 投稿日:2018/10/25(Thu) 04:03 コメントNo.243

ハンディバルク様。

昨日、最寄りの港へ飛鳥が寄港したので行ってまいりました。ぱっと見でも船体はかなり疲労困憊。塗装が剥げている箇所もあり、正直痛々しかったです。

郵船クルーズの海外資本との提携。そうでもしない限り、新造船計画はまさに頓挫してしまいますね。
競争力は未知数ですが、個人的には、ゲンティン香港の自社造船所などはどうだろう?などと、考えてしまいます。
幸い、クリスタル向けのダイヤモンドクラスを3隻建造する様子ですから、基本的な部分だけでもお願いしたいですね。

小久江キャプテンは、とても気さくな方なのですね…。

Re: - - エリーチェンジ 2018/10/25(Thu) 22:56 No.244
かたさまへ

私がこう言う事は、ハンディパルグさんの許可を取ってないので言う事ではないのかもしれませんがお許しください。この掲示板を見てる人は、飛鳥に夢を持ってる人も多いと思います。私は近いうちに飛鳥に乗りますが、夢を壊すような書き込みはやめていただけないでしょうか。飛鳥の老朽化は、現実ですが郵船にはいろいろな事情があると思いますよ。

Re: - かた 2018/10/25(Thu) 23:41 No.245
エリーチェンジ様。

大変申し訳ありませんでした。
編集用キーを設定していないため、削除することは出来ませんが、今後、こちらへは書き込むことは一切致しませんのでご了承下さい。
申し訳ありませんでした。

Re: - ハンディバルク 2018/10/27(Sat) 17:21 No.247

飛鳥IIの船体の痛みは特に塗装面に感じます。
錆びている箇所を白いペンキで上塗りしているのでどんどん厚くなってしまい、遠くから見ている分はキレイなのですが、近くでみるとガッカリします。

でも、それが船齢を30年重ねた飛鳥IIの現在の姿で、古くなったフネならではの趣と、いまどきの新造船には真似出来ない良い素材を使った優雅なデザインを楽しむのが良いかと。あの7Fプロムナードデッキの分厚いチーク材は、今では手に入らないそうです。

すみません、ホームページの引越し作業で悪戦苦闘していまして、返信が遅れました。

- 投稿者:かた 投稿日:2018/10/23(Tue) 03:16 コメントNo.241

ハンディバルク様。

自分の父が外航で働いていたこともあり、一時期は船員として乗船していましたが、自分は乗客として楽しむほうが合っているようです。

「クリスタルハーモニー」として建造されてから、もうすぐ30年。寄港するたびに、船体が痛々しくなっていくのは、私の思い過ごしではないように感じています。友人の取り計らいにより、たびたびブリッジにもお邪魔させて戴くのですが、万全に整備されているとはいえ、建造からの年月を感じずにはいられませんでした。

これまでも、リプレースの噂が浮かんでは消えてきましたが、三菱のアイーダでの敗戦で、いよいよ手詰まり感が否めなくなってしまいました。海外向け高級フェリーで再起を図るようですが、大型客船建造からの撤退を発表した際は、小中型客船については受注継続、と記憶していましたが、日を追うごとにトーンダウンしてしまい、もはや、国内建造は無理なのでは?と思ってしまいます。

海外建造も、マイヤー、フィンカンティエリなど、競争力のある造船所は、どこも受注残を抱えている現状では、とても望むべくもなく。このままでは、時間だけが過ぎ去るばかりと心配しております。

長くなってしまいましたが、今後の飛鳥のリプレース、日本のクルーズ業界の将来については、どのように思われますでしょうか?

Re: - - ハンディバルク 2018/10/23(Tue) 23:50 No.242
夫に聞いてみました。

"飛鳥?U(Ex Cristal Harmony)はとてもよく出来た船だと思いますが、内外装ともに船齢を感じさせます。またネット社会への対応なども現代の標準から大きく遅れたままです。関係者に「次はどうするの?」と聞いても、今の時点では確たる見通しはないようです。

三菱重工の大型の客船からの撤退発表は、中型以下のクルーズ船をあきらめたわけではない、ともとれますが具体的な動きはないでしょう。新造客船を製造する海外の大手造船所にも線表に邦船社のオーダーは入っていないようですね。

私は、飛鳥クルーズは、カーニバルやNCLなどの海外(大手)クルーズオペレーターの傘下に入って(ないしは提携して)、例えばNCLの子会社NCLアメリカが持つ米国籍のプライド・オブ・アメリカ号の様な形態にして日本籍・飛鳥?Vを保有したらどうかと思っています。大手(ないしは提携会社)の持つ新造船の発注リストの中から1〜2隻融通してもらい、装備・機器類は日本でもメンテや交換が可能なメーカーを採用、内装も日本人向けに替えられるような契約条項をトライする価値はあると思います。。現在世界で続々と新造船が出てくる中、スペキュレーション(投機的感覚)で追加オプション契約(3隻プラスある期限までに宣言すればあと2隻)を造船会社と交わしている海外クルーズ船社もあるのではないでしょうか。
バルクキャルアー"

初めまして。 投稿者:かた 投稿日:2018/10/21(Sun) 00:00 コメントNo.239

初めまして。
久しぶりの、飛鳥2世界一周クルーズに乗船されてのツイート。毎回楽しみに拝見しておりました。
自分の友人は、航海士として飛鳥2に勤務しており、その影響か、ついついクルー目線で世界一周を考えてしまうのですが、ゲストとして乗船されてみていかがでしたでしょうか?

Re: 初めまして。 - ハンディバルク 2018/10/22(Mon) 19:03 No.240
かた様

初めまして。

夫は海運業界に長かったため、フツーの乗船客よりはクルー目線というか、どちらかと言うと運行会社目線になっているように思います。こういう走り方(定速で走らず、なるべく早く次港近辺まで近寄り、残りは余裕の10ノットぐらいで走る)はアブラを食うから自分だったら注意するとか、何とか。

私は海運とは全く関係のない金融にいましたが、船舶愛が強く「この手で飛鳥IIをピカピカにしたい」と乗るたびに思っています。ちょっと強面の日本人ボースンに「そこのカンカンやって」と指示をされたいです。その折にはアスカクルーズツナギを着用して(しつこい)。

もちろん、それは乗客という立場で乗っているからこそ脳天気に色々考えられる訳で、こんなに贅沢で素晴らしい旅の形は他になかなかないと感じています。

アドリス号 投稿者:いりえ 投稿日:2018/10/09(Tue) 14:06 コメントNo.236

ハンディパルグさん。本日和田機関長は、済州島クルーズから飛鳥IIに乗船しました。
ところで先日、テレビ東京の番組で、日本→欧州 20000KM 巨大コンテナ船に乗せてもらいましたという番組がありました。ご覧になりましたか?日本郵船のコンテナ船、アドリス号にテレビクルーが取材に入って、40日間東京から、イギリスサザプストンまで船の様子を、見せてくれました。約2時間だったので見ごたえがありました。船長の野元さんは去年まで飛鳥IIに乗っていたのではないでしょうか?あと、前船長の増井さんのご子息も、航海士としてアドリス号に乗ってるようですね。機関室の様子も多くあり発電機のトラブルなど必死になって整備してるところは、すごいなぁと思いました。飛鳥とアドリス、船は違えど和田機関長もこんなに苦労してるのかと思うと、彼の偉大さを感じます。

Re: アドリス号 - いりえ 2018/10/09(Tue) 14:39 No.237

前船長は、増山船長でしたね。失礼しました。

Re: アドリス号 - ハンディバルク 2018/10/09(Tue) 22:29 No.238

いりえ様、こんばんは。

我が家でも録画してあって昨日見ました。増山船長のご子息は「名前も顔も似てるから多分息子さんだろう」と思いながら見ていたら、やはりそうでした。

貨物船であれ客船であれ、フネは一度港を出るとあとは何があっても自己完結しかありません。アデン湾の緊張や、発電機の故障など、この間のクルーズと似た航路だったので、和田機関長や船長の苦労に思いを馳せながら見ていました。

それなのにその激務の合間に「ツナギやヘルメットを欲しい」と無茶な要求をするオバサンとディナーしなければならなかったりして(まるで罰ゲームのよう)、本当に大変ですよね。

- 投稿者:いりえ 投稿日:2018/09/19(Wed) 21:45 コメントNo.233

ハンディパルグさん、今日個人的に和田機関長に会いました。ツナギとヘルメットの事話したら、ハンディパルグさんの事を覚えていて、楽しくて面白いご夫婦と言ってました。やはりツナギヘルメットは、会社のものなので差し上げられないという事です。あと船で和田機関長に会うたびに、ハンディパルグさんが頭に手を当てて、ヘルメットはまだ?みたいな仕草をしていたと言ってましたよ。
陸で飲むのはどうでしょうか?私や和田機関長が住んでるところは、東京から800キロ〜900キロ離れてますが、来られますか?(笑)

Re: - - ハンディバルク 2018/09/19(Wed) 23:04 No.234
書き込みありがとうございます。

ネットだと全く距離のことを意識しないのですが、いりえさんも機関長も地元にお住まいだったのですね。機会があったら伺います。

ツナギとヘルメットは「そこを何とか」(笑)

今年の世界一周クルーズの乗船記はほとんど手が付いてないのですが、本船の航程をGoogle Earthで表示すべく鋭意作業中です。時々覗きに来ていただけると幸いです。

Re: - - いりえ 2018/09/20(Thu) 10:22 No.235

ツナギとヘルメットの追記ですが、和田機関長曰く欲しかったら郵船クルーズの社長に言ってくれと言ってました。キャプテンでも、機関長でも自己判断はできないんでしょうね。もしできたら、社長が乗る予定のクルーズを見つけて、夜マリナーズクラブあたりで酒を飲ませて迫るしかないでしょうね(笑)
世界1周の乗船記は楽しみにしてますが、無理の無いようお願いいたします。でも、ツィッターでの写真付きの乗船記これすごいですよね!500枚くらい写真があるでしょうか。もし他に、和田機関長の写真ありましたらツィッターに貼っていただいたら嬉しいです。

- 投稿者:いりえ 投稿日:2018/09/10(Mon) 20:59 コメントNo.231

ハンディパルグさん。了解しました。今月もう1回和田機関長と飲み会があると思いますので、ツナギの事聞いてみます。あと、飛鳥IIのHPの中のフォトエッセイの中に、世界クルーズの写真が何枚も出てまして、和田機関長のハッピを着ての踊りや寸劇の様子、クルーみんなでの合唱の様子を見る事ができました。特にに、飛鳥祭りでのハッピを着ての写真は良い顔でしたよ。

Re: - - ハンディバルク 2018/09/12(Wed) 22:17 No.232
いりえ様

改めて飛鳥祭りのフォトエッセイをチェックしました(笑)!
あー、チェンジャー(機関長)はよさこいだったんですねー。私達は2回阿波踊ったので、別のものと衣装の可愛らしいねぶたの跳人にしたのでした。

ぜひぜひ、機関長によろしくお伝え下さい。ついでに今度陸でも飲みましょうと!

飛鳥II世界1周クルーズ 投稿者:いりえ 投稿日:2018/09/05(Wed) 11:40 コメントNo.229

ハンディパルクさん、初めまして。私は飛鳥IIのファンでときおりこちらのPORTS OF CALLには、お邪魔させていたたいてました。ご主人のブロブに何回か書き込みをさせて頂き、ご存知かもしれませんが飛鳥IIの和田機関長とは高校の同級生であり、ときおりあって酒を酌み交わす仲でもあります。飛鳥IIのクルーズも2回参加した事があります。私は今病気にかかってまして(とは言っても飛鳥病)ツイッターでの世界1周クルーズの写真を見て、心癒されました。世界1周クルーズの写真を見て、自分も世界1周した気分になれました。ありがとうございました。これからも良い写真期待してます。

PS ご主人から聞きましたが、航海中のキャプテンディナーの時、同じテーブルだった和田機関長に古くなった仕事様のつなぎを譲ってくれと言われたそうですが、のらりくらりとかわされてもらえなかったと聞きました。たぶん今月中和田機関長に会う事があると思いますので、その真相を聞いておきますね。

Re: 飛鳥II世界1周クルーズ - ハンディバルク 2018/09/10(Mon) 15:56 No.230

いりえ様

初めまして、書き込みありがとうございます。夫のブログに何度かコメントをいただいていたのを拝見しておりました。

機関長のみならず、船長にも機会あるたびに飛鳥IIへの熱い想いを伝えるとともに、ツナギとヘルメットを何度もおねだりしたのですが、ダメでした。あまりにしつこいので「そんなにオフィサーを困らせるな」と夫に叱られ、パナマ運河を通航した以降は大分おとなしくなりました。

ヘルメットは被災した時の避難用、ツナギはベランダで網戸や窓を掃除する時用と決まっているのですが、船の方からすると、甲板部クルーの格好をした怪しいオバサンが勝手にフネに乗り込みでもしたらよろしくないということだろうと思います。

白じゃなくて機関部の青い方を欲しがっていると、機関長にお伝え下さい(笑)。

おかえりなさい! 投稿者:ゆめ丸 投稿日:2018/07/05(Thu) 14:48 コメントNo.227

おかえりなさい、お疲れさまでした。
久しぶりの日本なのにあいにくの大雨。
無事にご自宅へお戻りになりましたか?

ツイッターで逐一日々の様子を楽しく拝見させていただいていました。
それもおしまいかと思うと、私のクルーズが終わったように一抹の寂しさを覚えています。
またぼちぼち思い出を報告してください。

余韻冷めやらぬ日々がしばらく続くと思いますが
ゆっくりお体を休めて次の計画を立ててください。
毎日楽しませて下さりありがとうございました。

Re: おかえりなさい! - ハンディバルク 2018/07/08(Sun) 16:49 No.228

ありがとうございます。
5日木曜日の夕刻雨の神戸に下船、新神戸から新幹線で21時前に自宅に戻りました。下船後に預けた宅急便の荷物はスーツケースだけ2日後の昨日届き、残りの7箱はついさっき届きました。

今回のクルーズでは思いのほか多くの方々に「ブログ読んでました」「準備編の荷造りがとても参考になった」と声をかけていただき、素人の思い出乗船記もそれなりに誰かのお役に立ったと思うと嬉しくなりました。

また南極南米の乗船記がモーレアで沈没していることや、今回のクルーズも乗船記を作るのか尋ねられたりして冷や汗をかいています。南極南米と今回の乗船記を交互にUPしたら?との提案までいただきました(笑)。

荷物は届いても家に溢れた冬物衣料から夏物への切り替えと共に片付ける気持ちにはまったくなれませんが、そこはまぁぼちぼちと自らエンジンがかかるのを待とうと思います。準備をする時も片付けを前にしている今も「こんなに面倒なのもうイヤ」と思っているのですが、喉元を過ぎるとまた行きたくなってしまうのがクルーズの魔力です。

ツイッターを見ていただいてありがとうございました。とても励みになりました。

世界一周に関するご質問です 投稿者:BostonP 投稿日:2017/12/27(Wed) 09:22 コメントNo.220

はじめまして。福岡在住の60代前半のおじさんです。
こちらの飛鳥による世界一周の記録を拝見させて頂いている者です(まだ、最中です)。
実は、2019年のサンプリンセスの世界一周を仮予約しているのですが、
家内が「船酔いが心配」と不参加の、相当強い、意向です。
1週間以内のクルーズは何度か参加しており、
先日参加したダイヤモンドプリンセスによる16日間は、10月下旬日本出航、
台風をよけながらの荒い海の中のクルーズは経験しました。
家内は毎日、酔い止めを飲んで、大きな負担はなかったようですが、旅を終えることができました。
しかし、100日間前後の長期の洋上は、相当、心配なようです。
家内は「一人で行ってきていい」とは言っているのですが。
世界一周時の、船酔い・揺れ・悪天候(海が荒れている)など参考になるようなお話があれば、御聞かせ願えないでしょうか?
旅行会社は、いい話しか、してくれませんので・・・。
甚だ勝手ですが、ネガティブな情報も欲しいのです。
よろしくお願いします。

Re: 世界一周に関するご質問です - ハンディバルク 2018/01/04(Thu) 14:04 No.221
BostonPさま

投稿ありがとうございます。
船酔いが理由で世界一周を不参加なんて勿体ないと思います。

台風のうねりで抜港もあった16日間のクルーズを経験されているので大丈夫なような
気もしますが、ダイヤモンドプリンセス(290m)とサンプリンセス(261m)では船の長さが
異なるため、揺れ方は少し違うかもしれません。

私はダイヤモンドプリンセスと同型のサファイヤプリンセスでうねっている日に酔いました。
http://www.ports-of-call.info/cruise/2009sp/2009sp7.htm

それから飛鳥II(241m)では2011年世界一周クルーズの時の酔い体験をまとめてありますので
ご参照ください。
http://www.ports-of-call.info/cruise/2011asuka/2011asuka412.htm#pitching

夫もブログに揺れのことを記しています(上のページからリンクします)。
「クルーズ船は揺れない、のか」

2019年世界一周クルーズの航程を見ると前半の終日航海日は連続しても長くてシンガポール
からマーレまでの4日ですし、後半の大西洋横断は5日、最長のスワード横浜間(7日)の頃
にはすっかり揺れに慣れていることでしょう。

お酒を飲まれるのであれば「船酔いの前に酔っ払ってしまえ」が夫の持論ですが(笑)。

ネガティブな情報は…、私が酔い止め薬で復活出来る揺れでも食欲が出ず部屋にこもりっ
きりになる人もいましたが、「世界一周は二度と乗らない」という人は揺れというよりは
社交(人付き合い?見栄の張り合い?)に疲れたみたいです。

年末年始と旅に出ていたため、お返事が遅くなってすみません。

Re: 世界一周に関するご質問です - ハンディバルク 2018/01/04(Thu) 14:05 No.222
追伸:
2015年の時の揺れ動画もyoutubeに載せています。
https://www.youtube.com/watch?v=M6yX9i6oa_w
https://www.youtube.com/watch?v=D0_IXf-JVuw

Re: 世界一周に関するご質問です - BostonP 2018/01/07(Sun) 16:37 No.223
無理な質問にもかかわらず、丁寧なご回答、ありがとうございました。
折角、応援の言葉も頂きながらも、残念ながら、今回は家内が翻意するまでには至りませんでした。
が、今後のクルーズ体験(フライ&クルーズでの数週間)を繰り返すうちに徐々に慣れと自信も付いて、考え直すかもしれません。
長い目で構えたいと考えたいと思います。
ちなみに今年2018年は数週間単位のクルーズ3本の予約済です。
今回は大変ありがとうございました。
これからもハンディバルクさんの投稿をファローしていきますので、よろしくお願い致します。

Re: 世界一周に関するご質問です - ハンディバルク 2018/01/08(Mon) 22:23 No.224

それは残念…。
私達は揺れもクルーズの醍醐味と、悪天候の時も楽しむ派です。
ということで、テンション上がらないのが灰色の空で揺れないフネでした。

- 投稿者:ゆめ丸 投稿日:2017/02/24(Fri) 11:03 コメントNo.208

新しい乗船記がUPされるのを千秋の思いで待っています。

阿波踊りの格好でフルコースというのが笑えてしまいました。
サービスするほうも吹き出しそうだったかもしれないですね。

仲良くいってる夫婦というのは、どこの家庭でも
奥様が上手に舵取りをしているのだと思いました。
ご主人の理路整然と的確に伝わるブログも大好きで
奥様ともども聡明な方だと感心するのですが
時々、お茶目なところがおありになり、失礼ながら
カワイイご主人様ですね。
親しみが沸いてきます。

さて、これからどんなことが起こるのでしょう
楽しみにしています。

コメントありがとうございます! - ハンディバルク 2017/03/11(Sat) 11:46 No.211
ゆめ丸さま

コメントに気付くのが大変遅れて申し訳ありません。
読んでくださる方がいらっしゃるのはとても嬉しいです。
…にもかかわらず作成が遅々として進まず反省しております。今作成しているあたりは「夫がダンスを辞める!」と言い出し色々とあったので、ますます筆が進みません。

阿波踊り衣装のフルコースは又是非やってみたいです。

夫のブログも読んでいただきありがとうございます。下書きを作ったあと文書をこねくり回す等、かなりパワーをかけている甲斐がありますね。私には投稿前にかなり読み直させて感想を求めるので、ちょっと煩わしいところもありますが(笑)

今後ともよろしくお付き合いお願いいたします。

ご無沙汰しております。 投稿者:A子 投稿日:2017/03/03(Fri) 00:19 コメントNo.209

お元気ですか!

南極クルーズでご一緒させて頂きました、
自力単身乗船で二番目に若かったものです(笑)

女子会?深夜にリドカフェにて楽しく、おしゃべりさせて頂いた、新居浜のA子です。
お分かりかな、、、

先日、来年の飛鳥IIのワールドが発表され、どうしようかな〜〜と、
何気に検索してみたら、なんとまあ、あのお衣装が、、植木等様ではありませんか!
懐かしい!

お気に入りに登録してじっくり、懐かしく読ませていただきますね。
ご主人様にも、よろしくお伝えください。

では、また、、、

Re: ご無沙汰しております。 - ハンディバルク 2017/03/07(Tue) 20:54 No.210
おおお〜、ご投稿ありがとうございます。気付くのが遅くなってすみません。
もちろん覚えてますよ!私よりむしろ夫が積極参加していた女子会ですね(笑)

来年の世界一周はとても乗り気ですが、仕事もあるのでどうなるか、でもとりあえず仮予約だけはしておきました。

どういう検索をしたらあのコスチュームが出て来るのか…?
南極南米の乗船記は遅々として進みませんが、気長にお付き合いいただけると幸いです。

乗船記 投稿者:ゆめ丸 投稿日:2016/09/07(Wed) 11:46 コメントNo.164

乗船記が始まりときどき覗いては楽しく読ませていただいています
続きが待ち遠しく朝ドラを見てる気分です

お体は大丈夫ですか?
秋のクルーズももうすぐですね
こちらのレポートも待っています

いつの日か同じクルーズに参加させていただければ
いいのになぁと考えていますが
私は鈍いのでご主人の植木等姿を拝見するまでは
ハンディバルク様ご夫妻をは気づかないと思います(笑)

お二人とも気を付けて楽しんでいらしてください

Re: 乗船記 - ハンディバルク 2016/09/09(Fri) 20:34 No.165
ゆめ丸さま

いつも暖かいコメントをありがとうございます。
遅筆で本当に申し訳ありません。

あっと言う間に乗船記を仕上げる人はネットに多いのですが、「あれはきっと退職後で時間があり余ってるんだ」と想像しておりました。でもそういう身になってみても出来ない所をみると、単に性格の問題だったのだなとわかります。

植木等はTPOを選ぶので、残念ながら今度のクルーズでは機会がありませんでした(あれはデッキディナーとか、お祭りとかないとダメなんですよね)。

とりあえず、来週の宅急便の締め切りを乗り越えることを目標に、楽しんでまいります。

パシフィクドーン 投稿者:サーディン 投稿日:2016/08/18(Thu) 14:54 コメントNo.161

ハンディバルクさん、バルクキャリアーさん

7月末からパシフィクドーン、ニューカレドニア、バヌアツ7泊のクルーズにお蔭さまで無事乗船する事が出来ました。
現地は冬のため暑さを感じることはあまりありませんでした。

航海日が3日半あり海も穏やかで(ブリスベン帰港前日は少し揺れましたが)ゆったりとクルーズを楽しむことができました。
服装がフォーマル夜でも半数ほどの人は楽な服装でダイニングに来ていました。
白と学生服のテーマナイトがありました。
乗客は約8割がオーストラリア人、次いでニュージーランド、アメリカ、イギリス、中国、韓国、その他が乗船し日本人は3人だけ(私たちと現地在住の方1名)でした。
この他、乗り組み員の鍼灸師(SPA)の方が1名日本人でした。

学校の休暇期間では無いため子供は少なく早寝のオーストラリア人が多く落ち着いて穏やかな船内でした。
飛鳥やにっぽん丸に近い船齢のため、キャビンの前にバケツが置かれ天井からの水漏れがあったり、寄港地で配管修理のため半日断水の日がありました。
傷みは見られますが基本的なメンテナンスは出来ているように思います。

Salt grillに行きステーキを食べましたがまずまずの内容でした。
メインダイニングは24時間前からテーブルの予約が可能で毎日翌日の予約をするシステムとなっていました。
メインダイニングの食事内容は以前乗船したMSC級(悪くはないのですが・・・)に感じられました。

10階後方外にOASYS(BAR)があり飲み物を飲みながら航跡を見ることの出来る空間が快適でした。
ブリスベンに向かう航海日にOASYSで休んでいるとフィルクルーが「鯨」と声を上げザトウクジラのジャンプを5回見ることが出来ました。

ヌメアではニューカレドニア博物館を見学。メラネシアの文化と芸術の見ごたえのある展示を見学しました。日本語解説があり理解が深まりました。
JAMSTECの白鳳丸が入港中で乗組員の人に街で遭いました。

リフー島ではjinek bay でシュノーケリング。素晴らしいサンゴ礁を見ることが出来ました。

バヌアツのポートビラではエクスカーションのグラスボートとシュノーケリングに参加。シュノーケルを付けサンゴ礁の上で魚たちにパンを食べさせました。
午後は街の市場を見学、野菜やイモ類が中心でヤシガニなどは売っていませんでした。
水上タクシーで帰船途上、昨年のサイクロンの痕が残る島を通過しました。

後泊のブリスベンではコアラパークを見学し帰国しました。

貴重な資料大変参考になりました。また、御教示感謝いたします。
お蔭さまで楽しく南太平洋のクルーズを楽しむことが出来ました。

クルーズ記録のHPこれからも楽しみにしております。

Re: パシフィクドーン - バルクキャリアー 2016/08/20(Sat) 13:38 No.162
サーディンさん

ご丁寧なレポートありがとうございました。とても興味深く拝見しました。

リフー島ではシュノーケリング、バヌアツでもグラスボートにシュノーケリングとアクティブに行動された由、クルーズを楽しまれたご様子が伝わって参りました。我々もまた行きたくなりました。

我々の時は豪州が夏休み期間中だったため、現地の若者達のグループが多数乗船しており、日本船のクルーズなどとはまったく
違う雰囲気でした。

オセアニアのクルーズがより身近に安くなって、日本人がもっと参加できるようになるよいですね。

Re: パシフィクドーン - ハンディバルク 2016/08/21(Sun) 14:46 No.163
サーディンさま
書き込みありがとうございます。ノープランだった私達と全然違いアクティブに過ごされたのですね。ニューカレドニア博物館は日本語解説もあるのなら、もし次に行くことがあったら訪れてみたいと思います。

メインダイニングの食事はMSC級…、私達はまだMSCに乗船したことがないのですが、MSCはあの位ということなのですね。いつか確かめてみたいと思います。

でもそれより前にまたP&O Australiaの方に最乗船したいです。シーズンによってそんなに雰囲気が違うのであれが、今度は静かな方が良いかも。フネ自体は夫が絶賛している通り内装が重厚で、古き良き欧州−豪州航路時代を彷彿とさせるものなので、とても気に入っています。

乗船記の方ですが、今月頭に体調を崩した後、治ったと思ったらオリンピックが始まってしまいつい疎かになってしまいました。頑張りますね。

- 投稿者:サーディン 投稿日:2016/06/17(Fri) 14:23 コメントNo.147

追伸、有難うございました。
パシフィクドーン、乗船報告8月にいたします。

貴重な情報ありがとうございました。

Page: | 1 | 2 | 3 |

処理 コメントNo 編集用キー

- Joyful Note -